頸部から腕のしびれ

 一 般 論
・・・・・・・・・・・・・

頸椎症とは、加齢によって椎間板などの頚椎構造に変性が生じ、頚椎を通る神経が圧迫されることでさまざまな症状が引き起こされる病気です。

仮に、腕が痛くシビレて困っているとします。整形外科に行くとまずはその原因を調べる為にレントゲンやMRI等の検査を行います。ここでは「頚椎が変形している」とか「椎間板が出ている」といった写真に写る異常を原因と考えます。

症状が軽度であればビタミン剤のような神経の障害に対する内服薬を服用したり、牽引治療やマッサージ治療をされると思います。

脳・頸椎MRI

 

 当院の治療法
・・・・・・・・・・・・・

当院では、一般的な治療法として、

・電気治療で、筋肉の弛緩・血流の回復(血行促進)を改善させます。

・マッサージで、凝りや疲労のある筋肉を適度な心地良い刺激でほぐします。

・痛みが強い場合は、超音波治療器で、電気治療やマッサージでは届かない深部の患部を直接治療します。

 

 

当院では、一般的な治療法と『仙腸関節調整』の治療を組み合わせます

「レントゲン検査では異常なし」「変形性頸椎症」「頸部椎間板ヘルニア」などと言われた患者様でも、

骨盤(仙腸関節)が悪く、頸椎を悪くさせ痛みやしびれを発症させてる場合が多いです。

仙腸関節に不具合があると、頸部椎間関節に不具合を起こし、痛み・しびれも発症させます。

お困りの患者様は、お気軽にご来院ください。

 

 

【 当院の症例 】

【症 状】

・2~3週間前に、右側の首が痛くなり右腕から右親指・人差し指・中指くらいにかけてしびれが発生した。

・2週間程度、毎日、牽引治療と電気治療を近所で行っていたが、症状改善せずに当院を受診する、

 

【所 見】

・頸部の右回旋が悪い。頸部を後屈すると痛み。

・頸部の痛みと・しびれは骨盤(仙腸関節)の不具合と密接な関係がある。

・痛みとしびれにお困りの方は仙腸関節調整の治療をおススメする。

 

【予 後】

1~2回程度の治療で痛み・しびれは減少した。

弱い痛みとしびれが少し残存したので、その後引き続き2週間に一度治療継続を行い治癒した