ブログ記事一覧 カテゴリー: 膝関節の痛み
2020年5月3日

患者様の症例(両膝痛・腰痛)

膝関節の痛み

50代 女性

<主訴>
・両膝の痛み
・腰の痛み
仕事が立ち仕事の為、長時間の立ち姿勢や重い物を持ち上げたりすることが多い為、昔から痛みを伴っていた。
時々、動けなってしまうくらいの腰痛もあり、寝ている時も腰に痛みが出てしまい、仕事に支障がある。
数年前に膝のレントゲンを撮り、変形性膝関節症と診断され常に湿布とサポーターだけで治療せず諦めていたようです。

<治療>
検査時に上体を回したときに腰に痛みが出ていたので、仙腸関節を中心に治療を行うとともに、膝も曲げ伸ばしをした際に痛みが出ていたので膝の調整も入れました。
治療を終えた後は上体を回したときの腰の痛みは消え、膝も動きの制限は消え、痛みは落ちたとの事。

 

整形外科などでレントゲンを撮って診断され、落ち込んで諦めてしまう方も少なくはないと思います。
一度、試しに普段受けたことない様な治療を受けて違う角度からアプローチをしてみるといいかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年4月29日

変形性膝関節症・・・

膝関節の痛み

 

50代・女性・杉戸町からの来院

henkeiseihiza1

◆ 痛みの始まった時期

以前から、右膝の痛みはあり通院経歴があり

ヒアルロン酸注射や服薬など、針などの経験あり

◆ 患者様の症状

・歩くと痛い、寝てると痛い、歩き始めが痛いなど
・右膝を伸ばしたり曲げたりなどが痛い

◆ 治療法・患者様のお体

変形性膝関節症とは、軟骨がすり減り、関節が変形している病変の事を言います。

 

◆ 予後

現在のリハビリなどでは、本人も限界を感じて、ご紹介を受けて当院に来院しました。
当院では、膝の関節機能障害を施術していきます。軟骨や関節変形がありましても、仙腸関節の調整を行い、膝の施術をしていきます。
腫れが強い場合は、初期段階として超音波治療を用います。

膝が悪くて軟骨がすり減りも確かですが、膝だけに目をとらわれず、骨盤(仙腸関節)を施術してから膝の施術をすると痛みが改善する事も多々あります。
なかなか、他院でも治らない患者様などは、ご相談下さい。