五十肩/四十肩

 五十肩/四十肩の一般論
・・・・・・・・・・・・

五十肩とは、肩関節の運動痛と夜間の痛みのことです。五十肩というのは俗称で、正式には肩関節周囲炎と呼びます。五十肩は、50歳代を中心とする40〜60歳代の方に多くみられます 。

Female Shoulder / Scapula / Clavicle - Anatomy Bone

Female Shoulder / Scapula / Clavicle – Anatomy Bone

 

 当院の治療法
・・・・・・・・・・・・

当院では、一般的な治療法として、

・電気治療で、筋肉の弛緩・血流の回復(血行促進)を改善させます。

・マッサージで、凝りや疲労のある筋肉を適度な心地良い刺激でほぐします。

・痛みが強い場合は、超音波治療器で、電気治療やマッサージでは届かない深部の患部を直接治療します。

 

当院では、一般的な治療法と『仙腸関節調整』の治療を組み合わせます

肩関節は、多くの筋肉や靱帯に覆われている為、とても敏感な場所なのです。その為、痛みが強い時に刺激を加えすぎると余計に痛みが増して関節は拘縮します。

その為、体に負担のかからない仙腸関節調整治療を行い、肩関節の不具合を施術する必要があります。

 

 

【 当院の症例 】

【症 状】

・3ヶ月程前から、肩関節が痛くなり始めた。徐々に痛みが増して、腕があげられない・腕が後ろに回らないという症状が出現した。

・ 痛みが強く、夜間・早朝に痛みで目が覚めてしまう。

・ レントゲン検査では、石灰があると説明された。

 

【所 見】

自覚症状の通り。さらに、肩関節が拘縮している

 

【予 後】

・痛みや拘縮の弱い患者様の場合は、1~3ヶ月程度で改善する事もあります。

・痛み・拘縮の強い患者様は、当初は、安静時の痛みを除去し、次に日常生活での痛みを除去する事が優先されます。痛みを除去する事により、普段の生活が楽になります。肩関節の拘縮(可動域制限)が存在する間は、無理に動かせば痛い。

治療の継続により、痛み・拘縮は改善していきます。

 

※スポーツによる肩痛・ケガなどによる肩痛・腱板損傷による肩痛などの痛みでお困りの患者様も、お気軽にご相談下さい。