ホーム ブログ記事一覧
2019年4月29日

変形性膝関節症・・・

膝関節の痛み

 

50代・女性・杉戸町からの来院

henkeiseihiza1

◆ 痛みの始まった時期

以前から、右膝の痛みはあり通院経歴があり

ヒアルロン酸注射や服薬など、針などの経験あり

◆ 患者様の症状

・歩くと痛い、寝てると痛い、歩き始めが痛いなど
・右膝を伸ばしたり曲げたりなどが痛い

◆ 治療法・患者様のお体

変形性膝関節症とは、軟骨がすり減り、関節が変形している病変の事を言います。

 

◆ 予後

現在のリハビリなどでは、本人も限界を感じて、ご紹介を受けて当院に来院しました。
当院では、膝の関節機能障害を施術していきます。軟骨や関節変形がありましても、仙腸関節の調整を行い、膝の施術をしていきます。
腫れが強い場合は、初期段階として超音波治療を用います。

膝が悪くて軟骨がすり減りも確かですが、膝だけに目をとらわれず、骨盤(仙腸関節)を施術してから膝の施術をすると痛みが改善する事も多々あります。
なかなか、他院でも治らない患者様などは、ご相談下さい。

2019年4月13日

首の痛みと肩の痛みで困っている・・・

首の痛み

 

70代・女性・宮代町からの来院

spine_photo01

◆ 痛みの始まった時期

以前から、肩こりで悩みはあったが、一週間前程度から首の痛みが出現してきた。

大学病院にて、腰の脊柱管狭窄症の治療中という話です。

◆ 患者様の症状

・首の痛み(特に左側)
・左上肢の痛みとしびれ

◆ とは

 

◆ 治療法・患者様のお体

まず、持病で脊柱管狭窄症もありますので、骨盤(仙腸関節)の不具合が強いと考えます。
恐らく、骨盤(仙腸関節)の不具合により、関連痛として首に痛みが出現してきたと考えます。

徒手検査で、患者様の首回旋を確認した所、首の回旋の回る角度が狭い。首の後屈が固い。
これだと、やはり痛みと凝りは出現してくるだろうな!というお体でした。

骨盤(仙腸関節)の調整治療を行い、即座に首の可動域は広がりました。
患者様も、可動域が広がったのを実感できて喜んでおりました。

その後、電気治療とホットパックで筋肉を緩和させて、本日の治療を終了しました。

 

◆ 予後

良好だと考えます。
なかなか、他院でも治らない患者様はご相談下さい。

2019年4月9日

坐骨神経痛・・・

腰の痛み

 

70代・男性・越谷市からの来院

 

zakotsusinkei

◆ 痛みの始まった時期

半年前に転倒し尻餅をついてから、両方のお尻の痛みと神経痛が発症した

◆ 患者様の症状

・両方のお尻の痛み
・両足の神経痛のようなしびれ

◆ 坐骨神経痛とは

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは、 は、腰から足を下っていく痛みを特徴とする病状である[1]あくまで症状であり、病名ではない。.人の体においてさまざまな原因により、坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛である。

◆ 治療法

当院は坐骨神経痛のほとんどが仙腸関節を主とした関節の機能障害が原因だと考えています。

当院で坐骨神経痛と他の病院で言われて来院された患者さんのほとんど7割程が仙腸関節の機能障害が原因でした。残る2-3割はヘルニア等で神経が直接障害されていました。
これらの事実から坐骨神経痛と言われた方のほとんどは仙腸関節を主とした関節の機能障害が原因と言えます。

もし坐骨神経痛と言われ、なかなか治らないしつこい痛みやシビレに悩まれておられるのでしたら、受診をお勧めします。

◆ 予後

痛みが始まってから、6カ月程が経過しております。
当院でも、少なくても3ヶ月の治療期間は必要です。
なかなか、他院でも治らない患者様はご相談下さい。

2019年4月2日

急に痛みが出現した右手首の痛み・・・

手首・手指の痛み

 

40代・男性・春日部市からの来院

tekubi

 

◆ 痛みの始まった時期

4~5日前くらいから急に痛みがでてきた。

◆ 患者様の症状

・右手首を動かすと痛い
・腫れているような気がする

◆ 右手首の痛みとは

手の使い過ぎ、腱鞘炎、TFCC損傷などいろいろ原因があります。

◆ 治療法

今回の患者様は、転んだや捻ったなどの目立った外傷の原因はない!との事でした。
従来のリハビリや固定のみだと治療期間が長引いてしまいます。
当院は、仙腸関節の調整治療を行い、手首の関節機能障害を改善させます。
その後、超音波治療・電気治療などのリハビリ治療も併用し早期に日常生活動作に不便が出ないようにします。

◆ 予後

2度目にご来院された時には、手首の痛みは改善されていたそうです。
手首の痛みに、骨盤の治療とは不思議に思うかも知れませんが現実に改善していきます。
お困りの患者様はご相談下さい。

2019年3月27日

後方から追突された、むち打ち症

交通事故のお悩み

 

20代・女性・宮代町からの来院

交通事故

◆ 痛みの始まった時期

信号に停車中、後ろから追突され、交通事故により負傷し当院を受診する

◆ 患者様の症状

・首の痛み・首を回すと痛い
・腰の左側に痛み
・左肩を挙上すると痛い・左腕に弱いしびれがある

◆ むち打ち症とは

むち打ち症とは、交通事故などで首に不自然な強い力がかかったことによる首の捻挫です。
衝撃を受けた時に、ちょうど鞭がしなるように首が動くので、むち打ちと呼ばれています。

 

◆ 治療法

受傷直後は、痛みなどが敏感になっていますので、刺激の強い施術は適していません。
むち打ち症とはいえ、首や腰の関節障害が起きている事が多いので、仙腸関節の調整治療を行い、素早く痛みの改善ができるように施術します。
むち打ちの症の痛みは、仙腸関節の調整治療で改善できます。
その後、電気治療・マッサージなども行っていきます。

◆ 予後

今回の患者様は、良好だと判断します。
交通事故の施術は、きめ細かい施術と確かな治療技術が必要です。
当院にお任せください。お気軽に、交通事故に遭われた場合はご相談下さい。