ホーム ブログ記事一覧
2023年1月4日

両下肢のしびれ~左足指のしびれ

腰の痛み

ご紹介により来院する。
40歳代後半・男性

【主張・自覚症状】
・10年以上前から腰部痛はあるが、病院に行くほどではなかった。
・半年前から少しづつ症状が悪くなってきていた。
・1ヵ月前から、症状が強くなり病院を受診した。
・MRIにより『脊柱管狭窄症』と診断され、手術も視野に入れて下さい。話されたそうです。
・腰部痛や痛みは強くないが、両下肢のしびれが強い。
・足のだるさ、足に力が入りづらく歩きづらい。

zakotsusinkei

 

 

 

 

 

 

 

 

【所 見】
・患者様の話通り、足に力が入りづらいようになっている。
・足首の力・足指の持ち上げる力が弱くなっている。
・両大腿後面・両腓腹から左足底のしびれ

 

 
【仙腸関節調整治療・経過・予後】
・もちろん、神経性のしびれもあるが、今回の場合は仙腸関節性から発するしびれであった。
その為、仙腸関節調整の治療を始めて、2カ月程度で患者様本人の自覚症状も減少がわかりはじめてきています。
患者様本人も、手術しなくて大丈夫そうだと喜んでいます。

・治療開始、3ヵ月頃には力も入ってきていると話もあります。
・暖かい日は散歩できる力・元気もでてきているそうです。

 

 

 
※当院に来院する患者様のしびれは、仙腸関節性から発するしびれが多いです。
もちろん、なかには神経性のしびれによる症例もあります。
今回の症例では、しびれが新鮮性であると同時に仙腸関節性から発するしびれの為に経過・予後は良さそうです。

※最近は、他院で治癒せずに来院する患者様が多くなっています。
それでも、当院で仙腸関節調整治療を行い、良くなる症例もあります。

お困りの患者様は、お気軽にご来院し、ご相談下さい。

2022年8月18日

巨人 坂本勇人選手が「仙腸関節炎」を発症

当院のお知らせ

巨人 坂本勇人選手が腰痛(仙腸関節炎)を発症する。

プロ野球選手が、「仙腸関節炎」を発症するのであれば、一般の方はなおさら発症してしまうと思います。

腰痛でお困りの方は、仙腸関節炎や仙腸関節障害を、治療してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事⇓
【巨人】坂本勇人が「仙腸関節炎」で無念の球宴出場辞退…コロナ陽性5選手も(東スポWeb) 巨人・坂本勇人内野手が26日と27日に…|dメニューニュース(NTTドコモ) (docomo.ne.jp)

坂本

2022年7月14日

左臀部から左大腿部への痛み・しびれ

当院のお知らせ

70歳代 男性

【 趣味 】
・トレーニングジム通い
・ゴルフ

【 起因 】
当院に来院する3週間前に、ゴルフに行って帰ってきたら痛みがでてきてしまった。
自宅近くの、整骨院に通院して、毎日2週間、マッサージと電気治療と牽引機を行ったが、痛みが減少しないので、ご紹介で当院に来院する。

【 他覚所見 】
・立位状態で腰部を回旋すると、腰が痛い。
・仰向け姿勢で、左足を挙げると。腰・お尻が痛い。

【 治療・予後 】
当院の治療は、「仙腸関節調整」による治療です。
坐骨神経痛を疑われても、脊柱管狭窄症を疑われても、腰部痛やしびれの原因の大半は「仙腸関節」の関節炎の事が多いのです。

・治療開始、2週間~1ヶ月程度で痛みは減少してくる。
しかし、痛みが強いので安静を指示しましたが、患者様が自分なりにユーチューブ等を見ながらストレッチや運動を開始してしまっていた。
その為に、痛みが再発してしまったりしびれが再発してしまったりがあった。

・治療開始3ヶ月程度で、ジムトレーニングもゴルフもできるようになり本人も喜んでいた。

現在、残存症状として、左大腿部付近にしびれが残っているようです。

引き続き、2週間に1度の間隔で治療継続中です。

2022年1月29日

腰部~両大腿部への痛み・しびれ

腰の痛み

69歳、男性

【特徴 ・ 原 因 】
普段から、中腰・重量物をもつ作業をする事がある。

前院で、レントゲン撮影をし、「脊柱管狭窄症」と診断された。
以前は、「L4・L5腰椎間板ヘルニア」と診断された事もある。

前院では、痛み止めの内服薬・リハビリとして牽引治療と電気治療はしていたようです。

【 症 状 】
腰部痛~両大腿部後面の痛み。
(特に左下肢の方が症状強い)

初診での患者様は、寝返り痛・腰を伸ばす・立ち上がり動作なども痛みがありました。

 

【 他覚所見 】
・立位の状態で、腰を反らせようとさせると痛みが増悪
・立位の状態で、腰部を右回旋させると痛い
・仰向けで左下肢を持ち上げると痛い

 

【 治 療 】
脊柱管狭窄症とは、基本的には腰痛はあまり強く感じることはなく、立位や歩行で痛み・しびれの症状が出現することが多いと考えています。

今回の患者様は、MRIでは確かに脊柱管狭窄症の画像があったようですが、腰部から仙骨部・臀部の痛みが強くでていました。

※難しいお話をすると、腰痛等の関節などの整形外科分野では、
「画像と症状は一致しない」「腰痛の85%は原因不明」といわれています。
脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの画像があっても、腰痛やしびれが治癒するケースはたくさんあります。
 ★痛みに困ってる➡レントゲンでは異常なし
 ★腰は痛くありません➡脊柱管狭窄症の画像診断がみられる

このような、事は日常茶飯事です。

そこで、活躍する治療は「仙腸関節調整」です。
腰痛などの関節痛・しびれ等などは仙腸関節由来の腰痛が多いです。
仙腸関節由来の腰痛は、画像診断はできません。
仙腸関節調整の治療を試してみるしかありません。

 

腰痛の8割は原因不明??_b0052170_18085811.jpg


 


 

 

この患者様も、初検から2週間経過しましたが、仙腸関節調整を行い、

今現在も痛みは残存していますが、本人も痛みが落ちて寝られるようになった。と納得しています。

脊柱管狭窄症。椎間板ヘルニア等でお悩みの方、お困りの患者様がいましたら、お気軽にご来院下さい。

また、基本的に当院の診療時間中は予約不要で施術しております。
しかし、遠方の患者様、ゆっくり体を診てもらいたい、症状が悪いのでゆっくり時間を確保して診てもらいたい、待ち時間を減らしたい等の患者様には「ご予約してもらい、仙腸関節調整の治療を行います。」
ご相談・ご予約は、電話ではなく、ライン・メール等でご相談下さい。

予約制URL
https://kusakabe-sekkotsu.com/lp/